領収書は全て保管しておかないと税金で損をする!?

決算直前110番 >領収書は全て保管する

領収書を捨てること=お金をドブに捨てること

なぜなら、領収書は税金を安くする金券だからです。

領収書を経費にできる場合、最低でも領収書の金額の30%は税金が安くなります。

10,000円の領収書なら、税金は3,000円安くなります。

こう考えると、領収書を捨てるなんてもったいなくてできないはずです。

どの領収書が経費になるかわからない・・・

確かに、どの領収書が経費にできるかが、わかりにくいことも多いです。

でも、領収書が経費になるかどうかを考えるのは後回しにしましょう。

全ての領収書を手元に残して置いてください


理由は明確です。

領収書を後から捨てるのは簡単。

でも、領収書を後から集めるのはとても大変。

だから、最初は何も考えずに、全ての領収書を集めてください


その領収書が経費にできるかどうかは、領収書をもらうときに決める必要はないのですから、申告のときまでゆっくり考えればいいのです。


じっくりと、経費にできるかどうかを考えてください。


お問い合わせはこちらからお願いいたします

お名前
メールアドレス
例 : kessan110@emcas.biz

確認のため、もう一度ご入力ください
電話番号
例 : 03-1234-5678
お問い合わせ内容
例 :
見積もり依頼
相互リンク依頼等

なお、上記フォームがうまく動かない場合には、kessan110@emcas.bizまで、
メールにてご連絡をお願いいたします。


なお、その際には、上記必要事項(お名前、メールアドレス、電話番号、お問い合わせ内容)をお書きいただくと、
こちらからスムーズに連絡をさせていただけますので、ご協力をお願いいたします。