法人には法人税・法人住民税・法人事業税・消費税等が課税されます

決算直前110番 会社の税金

会社には様々な税金が課されます

会社で申告書を作って納付しなければいけない税金には、下記のようなものがあります。

  1. 法人税(ほうじんぜい)
  2. 法人住民税(ほうじんじゅうみんぜい)
    ※法人都民税・法人道府県民税・法人市町村民税とも呼ばれます
  3. 法人事業税(ほうじんじぎょうぜい)
  4. 地方法人特別税(ちほうほうじんとくべつぜい)
  5. 消費税(しょうひぜい)

1〜4の各税金については、全ての株式会社・合同会社が申告書を提出し、税金を納めなければいけません。

一方で、5の消費税については、原則として2年前の売上高が1,000万円を超えた場合にのみ、申告書の提出・税金の納付義務が生じます。

どれくらい税金がかかるの?

非常に大ざっぱな計算ですが、ごく小規模な会社の場合、目安として下記程度の納税額になります。

法人税・法人住民税・法人事業税合算
(会計上の税引前利益の金額×35%)+70,000円
消費税(原則課税の場合)
(会計上の税引前利益の金額+減価償却費+人件費)×5%

言うまでもないですが、上記式は、かなり大ざっぱな試算であり、納税額は会社の置かれた状況により変わります

正確な納税額の試算については、税理士等に算定を依頼してください。


お問い合わせはこちらからお願いいたします

お名前
メールアドレス
例 : kessan110@emcas.biz

確認のため、もう一度ご入力ください
電話番号
例 : 03-1234-5678
お問い合わせ内容
例 :
見積もり依頼
相互リンク依頼等

なお、上記フォームがうまく動かない場合には、kessan110@emcas.bizまで、
メールにてご連絡をお願いいたします。


なお、その際には、上記必要事項(お名前、メールアドレス、電話番号、お問い合わせ内容)をお書きいただくと、
こちらからスムーズに連絡をさせていただけますので、ご協力をお願いいたします。