法人税等の申告書を提出しないと、ペナルティが課される場合があります

決算直前110番 申告書を提出しないと・・・

申告書を提出しない場合のペナルティ

法人税の申告書を提出しない場合には、次のようなペナルティが課される場合があります。

  1. 無申告加算税が課される
  2. 青色申告の承認が取り消される

提出期限に1日でも遅れると無申告加算税が課される(原則)

法人税、消費税、住民税・事業税の申告書は1日でも提出が遅れると、原則として無申告加算税の対象となります。

無申告加算税は、その状況により幅がありますが、本来納める税額の5%〜20%分のペナルティを受けることになります

ただし、申告期限内に申告書を提出する意思があったと認定された場合には、多少申告書の提出が遅れてもおとがめなし、となるケースもあります。

青色申告の承認が取り消される

2年連続して、法人税の申告書を期限内に提出しなかった場合には、青色申告が取り消されます。

これは、あなたの会社にとって、非常にダメージは大きいです。

例えば、次のようなデメリットがあります。

  • ある期が黒字、ある期が赤字、という場合に、その黒字と赤字を相殺できなくなる
    (=利益が出た場合に、税負担が重くなる
  • 10万円以上30万円未満のパソコン等を買った場合に一括費用処理ができない
    (=直近の税負担が重くなる
  • 引当金の計上ができなくなる
    (=お金を使う必要がない節税ができなくなる

当期は赤字だから申告書を出す必要はないでしょ?

ちなみに、当期は赤字だから申告しないでもいいや、なんていう考えをお持ちかもしれませんが、それは大間違いです。

確かに、当期の税額は、申告書を提出してもしなくても大して変わらないかもしれません。

でも、当期申告書を出さなかったせいで、翌期の税金が大きく増えてしまうかもしれません


例えば、開業第1期は300万円の赤字。第2期も100万円の赤字。
だから申告書は出さなかった。

ところが、第3期になって、400万円の黒字が出た。


こういう場合に、第1期、第2期にきちんと法人税の申告書を提出していれば、第3期にも税金を払わないで済みます

でも、第1期、第2期の申告書を出していないと、およそ120万円もの税金を支払う必要が出てきます

申告期限まで、もう時間がない!

そういう場合には、まずは、私たちまでご相談ください。

できる限り、スピーディーに申告書を作成いたします。


お問い合わせはこちらからお願いいたします

お名前
メールアドレス
例 : kessan110@emcas.biz

確認のため、もう一度ご入力ください
電話番号
例 : 03-1234-5678
お問い合わせ内容
例 :
見積もり依頼
相互リンク依頼等

なお、上記フォームがうまく動かない場合には、kessan110@emcas.bizまで、
メールにてご連絡をお願いいたします。


なお、その際には、上記必要事項(お名前、メールアドレス、電話番号、お問い合わせ内容)をお書きいただくと、
こちらからスムーズに連絡をさせていただけますので、ご協力をお願いいたします。